FC2ブログ

スポンサーサイト

marielvincenzi

marielvincenzi

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted bymarielvincenzi

遠距離に乾杯!

marielvincenzi

marielvincenzi

1年5ヶ月続いた遠距離生活も

明後日でとうとう終わりを迎える。



感無量・・・というわけでもなく。

え~、なんだぁ、たった1年5ヶ月だったんだ?

というのが正直な感想でありましょうか。



「たった」が意味するところは

この期間は実際の月日よりもうんと長い時間に

感じられた、ということ。

なんだか2年や3年は離れていたような気がするもの。



遠距離の始まり方があまりに唐突だったこともあってか


(→「あの日のこと こうして遠距離は始まった」)

最初の数日間は1日が1週間かと思われるほど

長~く感じられたものだった。

毎日決まった時間にかかってくる彼からの電話だけを

心のよりどころにしてなんとか1日1日を

やり過ごしていた。

まるで彼と電話で話す30分間のためだけに

生きているかのようだった。

あぁ、お願い、早く元のようにまた彼と一緒に暮らしたい。

そう思えば思うほど逆に時間はゆっくりと、

止まっているかのようにしか流れてくれないのだった。



それまでの生活が一変してしまったのは

彼にとっても同じこと。

うなだれてる暇があったら気持ちを切り替えて

今出来ることを精一杯やろうと前に進んでいく彼。

それがもっともなことだとはわかりつつ

さっさと新しい生活に自分を適応させている彼の様子に

自分だけ置いていかれてしまったような

不安や寂しさを感じたりもした。

もっと一緒にめそめそしていたい・・・。



その頃から、この遠距離はふたりの関係を

レベルアップさせるための良い機会なのだ

ということに何となくだが気づき始めた。

彼がいつも言っていた

「自分の面倒は自分で見る、

 その基盤があってこそ、ふたりの関係を

 発展させていくことができる。」

を実践するためのチャンスね!

そう思うと悲劇的な試練でしかなかった遠距離も、

まさに完璧なタイミングで宇宙から与えられた

素晴らしいギフトへと変わっていったのだった。



本当に親密な関係を築いていこうとするときに大切な、

そして避けては通れない

「自分の気持ちを口に出して相手に伝える」

ということも、意識的にやるようになった。

お互いの顔を見られない状況の下で

妄想で膨らんだ想像の世界の中で生きていたら

相手の本当の姿を見失ってしまうから。

たくさん喧嘩もしたけれど

そのひとつひとつが次へのステップになり

そうして少しずつ確実に

お互いへの信頼も深まっていった。



日々の連絡は正直面倒臭いと思うこともあった。

そりゃぁ、彼の声を聴ける瞬間が一日のうちで

一番ハッピーでスイートな瞬間ではあるのだが

お互いのスケジュールや時差を考えると

連絡できる時間帯というのは自然と限られてくる。

そのピンポイントの時間帯に連絡するためには

常に連絡のことを頭に入れて行動していないと

いけないわけで、それは結構なプレッシャーでも

あるのだ。

もちろん無理をする必要はない。

出来ないならそれはそれで次の機会に

連絡すれば良いだけのこと。

けれど安易な怠けの気持ちから連絡をしないとなると

そのうちそれが常習化してしまうかもしれない。

そしてその状況にもいつしか慣れてしまい、気づけば

私達って付き合ってるんだったっけ?みたいに

なってしまうかもしれない。



だから私達は「お互い無理しないようにね」とは

言い合っていたけれど、連絡をしなかったことは

この1年5ヶ月の間で結局数えるほどにしか

ならなかった。



もうそんな風に連絡を取り合うこともなくなるんだ。

これからは朝目を覚ませば隣に彼がいる。

電話越しではなく彼の寝ぼけた顔を見ながら

直接「おはよう」と言うことが出来る。







乾杯用のスパークリングワインに赤ワイン、

チョコレートにアイスクリーム、

チップス&サルサなどなど

来日当日を魅惑的に過ごすための品々が

日々増えていく。

フルーツと部屋に飾るお花は明日買いに行こう。

玄関に彼用のスリッパも並べなくちゃ。



ふたりの新居になるこの部屋で

今までのお互いの苦労をねぎらい、

新しい一歩を踏み出すお祝いのワインを飲みながら

朝まで語り明かしましょうか。







何年も遠距離で頑張っている先輩方、

まだ遠距離が始まったばかりで不安が一杯な人、

いつ終わるかわからない遠距離に

くじけそうになっている人、

これから遠距離になっちゃう~、という人、

遠距離の末、関係を終わらせることを選んだ人、

遠距離恋愛という男女関係がもたらすドラマは

様々あるけれど

愛しいひとと一緒になるためだから

みんな頑張れるし強くなれる。

今はつらくてもこの経験がもたらしてくれる

素晴らしい贈り物はかけがえのない宝物になるはず。

だから自信を持って今日も新しい一歩を

踏み出しましょう。





遠距離に乾杯!




にほんブログ村 恋愛ブログ 遠距離恋愛へ



スポンサーサイト
Posted bymarielvincenzi

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。