スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 彼からの贈り物

彼から私に贈り物、

じゃなくて送り物、があるらしい。



「前に買ってて送ろうと思ってたんだけど

 バタバタして送り損ねちゃった。

 近いうちに送るからね。」



へぇ~

一体なんでございましょう。



彼から送り物なんて初めてだ。



それに私のために何かを買ってくれる、

なんていうのも

えらくめずらしいことだ。



イタリア男はホントにマメに

「贈り物」をするらしいのだが

彼には全くあてはまらない。









去年のクリスマスシーズンのことだ。



普通のイタリア人ならその時期は

クリスマスプレゼントのことで頭がいっぱい。



恋人に始まって、両親、兄弟姉妹、近所に住む親戚や

友人たち、ひとりひとりにそれぞれが

喜んでくれそうなものを一生懸命物色する。

使う金額もかなりのものになるらしい。



ところがうちの彼、

もうすぐクリスマスを過ごすために実家に帰るというのに

プレゼントを用意する気配が微塵もない。



心配した私が



「そろそろあなたのご両親に持って行く

 クリスマスプレゼントを探しに行かない?」



と気を遣って話をふってみたところ



「そんなの必要ないよ。

 なんたって彼らにとっては

 ボクが実家でクリスマスを過ごすってことが

 プレゼントみたいなものなんだから。」



と言い切る。



はぁ、そんなもんなんですか。









今まで私が彼に買っていただいた物といえば

GAPのセールで4ドル位だった部屋履き、

誕生日には私が欲しがっていたサンダル、

(なぜか履物が続く)

そしてヴェネツィアに行ったときに

おねだりしたムラノグラス製の

彼の瞳と同じ透明なターコイズ色の指輪。

日本円にして800円てとこでしょうか。



(これは「左の薬指」にはめている。

それを見た彼に



「そこにはめるの?僕たちまだ結婚してないよ。」



と言われたけれど



「他の指だとサイズが合わないもん、

 右には別の指輪してるし、ここしかはめられない」



と強引な私。) 









あ~

何が届くのかなぁ?







ていうかまずは「送って」もらわないとね。 





にほんブログ村 恋愛ブログ 遠距離恋愛へ



スポンサーサイト
00:08 | 彼はイタリア人
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://marielvincenzi.blog60.fc2.com/tb.php/58-185070f6
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。