スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 ジュニアに再会



夢をみた。



大きなブルーの瞳で黒髪の

女の赤ちゃんを私が抱いている夢。



彼に伝えると



「きっとその子はキミの子供だよ。」



、てなんでアタシの子供なの?

なんでボクたちの、って言えないかな?

青い眼はアナタの眼でしょ~っ。



最近、彼の眼を毎日見ているせいで

そんな夢を見たのかもしれない。







再会の予定日が無期限に伸びていくなか、

彼がパソコンにカメラを取り付け

スカイプでの会話のときには彼の映像が

見られるようなり

バーチャル再会を体験している今日この頃。



ライブ映像で動く彼を見る。

あぁ、狂おしい。

狂おしい、なんて言葉では

この胸の想いは伝えられない。



画面の中でこちらを見て微笑む彼。

優しく微笑むときに目元にできるシワが愛しい。



大好きな形の良い唇、チュ~の真似をする。

彼には見えないけれど

私もこちら側で口をチュ~にする。



手。

大きくてちょっと乾燥気味で

だけどとても温かい手。



胸元にはヴェネツィアで彼にプレゼントした

ムラノグラス製のペンダント、

これはプレゼントした日から一度も

はずしたことがない、とのこと。

(面倒臭いから、という理由らしい)



お、今日は上半身裸だね。

身体のライン、なかなかいい。

まだお腹も出ていないようだし。



下のほうはどうなっているのかなあ?

あ、なんだ、しっかりパンツはいてるんだ。

と思ったら期待に違わずジュニアを

取り出して見せてくれた。



「ハロ~」と首を振りながらジュニアが挨拶。

「ハロ~、あなたに会えなくて寂しいって

 言ったっけ?」と私。



ほっておくとジュニアがどんどん成長しそうだったので

今日は挨拶だけにしておこう。



と、こんなかんじで毎日30分から1時間程

おしゃべりをしている。



無料で国際電話ができるだけでなく

映像まで見られちゃうんだから有難い。



Eメールなんてものはまだなくて

電話連絡もままならず

それでも相手を、二人の将来を

信じて遠距離を続けていられた

昔の恋人たちは本当にスゴイなぁ。



信念や忍耐力の強さが断然違う。



先日、50年振り(半世紀!)に再会した

夫婦の実話を元にしたドラマをみた。

もう、恥ずかしいくらいに大泣きした。

翌日目が腫れちゃうくらい。



彼にその話をしたら



「キミなら待てると思う?

 50年は無理だとしても30年なら、

 いや、やっぱり10年ならどう?」



「10年かぁ、てことは

 あと9年と3ヶ月・・・?」



とそこで叫んだのは彼のほうだった。



「NOOOOOOOO!!!」



・・・・・・・・・





ジュニアがしぼんじゃわないうちに

早く来てよね。




にほんブログ村 恋愛ブログ 遠距離恋愛へ



スポンサーサイト
21:32 | 遠距離恋愛日記
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://marielvincenzi.blog60.fc2.com/tb.php/35-b4cd1793
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。