FC2ブログ

スポンサーサイト

marielvincenzi

marielvincenzi

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted bymarielvincenzi

こんな結婚もアリです

marielvincenzi

marielvincenzi

結婚してからあっという間に9ヶ月が過ぎた。

周りからは必ず「ラブラブなんでしょう?」と訊かれるのだが

「結婚」、「新婚」という言葉から想像されるスウィートな状況とは

まるで無縁な日々である。

もし、言葉や所作で表現される”わかりやすい”幸せを

心のよりどころにしたいのだとしたら

この結婚生活はそういう幸せからは

かけ離れているように見えるだろうな。



私たちにとっての『結婚』は

国籍の違う二人が合法的に一緒にいられるようにするための

最適な方法、というだけであって

それ以上でもそれ以下でもない。



パートナーシップ、リレーションシップを通して

お互い刺激し合い、快適ゾーンから抜け出し刃先へと追いつめ、

そこから学び、成長していくことが

私たち二人がいま一緒にいる、一緒にいたい理由なのだ。

で、大抵、追いつめられちゃうのは私で、

いつもハラハラ、アワアワして、クタクタになってしまうのだが

愛と信頼の基盤があるからこそ、どれだけ自分の未熟さや幼さや

思慮のなさや傲慢さがさらけだされ、つらい思いをしようとも

諦めずに食らいついていけるのである。



「もっと楽ちんでお手軽な関係を望んでるんだとしたら

 このボクと一緒にいるのは間違いだよ。

 キミが”一緒に成長していきたい”っていうから

 ボクだって努力してるんだ。」



彼が厳しいことを言うのは、決してエゴからではない。

自分が優位に立ちたいだとか

自分の思慮深さをアピールしようだとか

私を打ち負かそうとか、

そんな思いはひとかけらも持っていないのだ、本当に。



私が彼の言葉の真の意味を理解して、

前進できると信じているから

手加減をしない。



私はその点まだまだ未熟で、彼と議論になると

どうしても勝ち負けの構図が思い浮かんでしまい、

今度こそ彼を唸らせるようなことを言ってやろう、

などどいう「戦略」につい気を取られてしまって

自分の気持ちを感じることを忘れちゃう。



だから簡単にやられてしまうんだな。

私が意識を向けなくてはいけないのは

相手をいかに納得させるかではなく

クリアな目でまっすぐに自分自身を見て

それを受け入れ、過小評価も過大評価もしない

そのまんまの自分で恐れずに素直に相手と向き合うこと。



それが当たり前に出来るようになったときが

私たちの本当の結婚の

始まりなのかもしれない。









にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ



スポンサーサイト
Posted bymarielvincenzi

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。