スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 来日歓迎準備始まる



あぁ、来週の今頃は彼と一緒にまったり

お風呂にでも入っているのかしら。



フフフフフフ・・・・・・・・



とうとうここまできたのね、

一種の達成感ともいえるような恍惚とした感覚に

包まれつつ、来週に迫った彼の来日を待っている。







人間の持つホメオスターシス(恒常性)の

おかげでしょうか、

彼のいない日常、彼と会えないという状況が

最初は非常事態だったはずなのに

いつの頃からかすっかりフツーのこととして

扱えるようになり

日々平穏に過ごしておりました。



「ボクが日本にいる間も部屋のあっちとこっちで

 スカイプ使って話する?」



なんて冗談が出てくるほど

今やスカイプで会話するのが日常の私達。



そこに「彼と会う」という非日常的な

一大イベントの到来である。



ちょっとワラワラする。



何から考えていいのやら。



チケットに何百ドルも出し、

何時間もかけて日本へやってくるのだから

いろいろなところへ連れて行ってあげたい、

という思いと同時に

自分の日常の風景の中に彼がすっぽり自然に

収まっている、そんな時間を

過ごしたい、という気持ちもある。



あぁ、やっぱり、ふたり一緒が、いいね。



そう感じられるのはきっと何気ない

日常の瞬間の中にあるから。





彼の来日のために準備したものといえば、

まずはバスソルト。

これは今日買いに行った。



もちろん、彼と一緒にお風呂に入るのを

想定してのこと。

その後で彼と話していたとき



「毎日一緒に熱いお風呂に入れる?」



と彼が訊いてきた。

彼はなんちゃってサイキックだから

その辺の勘はさすがにするどい、読まれてるな。



あと玄米甘酒。

到着は夜なので、着いてから食事はしないかも?

でもちょっと何かお腹に入れたいな、そんなときのため。

そしてハワイから寒い日本へやってきて

ビックリしている身体を芯から温めるためにも

部屋に着いたらまずは玄米甘酒に生姜の絞り汁を加えた

お腹に優しいドリンクでホッとしてもらおう。



そうそう、出迎えたらすぐに渡すもの、

それはマフラーとニット帽。

どちらも、友人から寒い時期に常夏ハワイから

やってくる彼のために、とプレゼントされた

温かい心のこもったアイテムである。



それから

やっぱり

ハグ。



その瞬間、きっとコトバは何もでない。

ただただ全身で彼の体温を感じる喜びに

胸を震わせながらの長い長いハグ。

もしかしたら涙つき。







彼の来日まで あと 6日。


にほんブログ村 恋愛ブログ 遠距離恋愛へ



スポンサーサイト
23:44 | 遠距離恋愛日記
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://marielvincenzi.blog60.fc2.com/tb.php/27-6535ebc8
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。