FC2ブログ

ボク、甘えん坊でちゅねぇ

marielvincenzi

marielvincenzi

夫の寝付きの良さは超ド級である。
たいてい先にベッドに入るのは私のほうで
夫はというと、日課である「お休み前のスタートレック鑑賞」中だ。

テレビの光がチカチカ眩しいし、キャプテン・シスコの声が耳について
なかなか眠れないんだよお。
と悶々していると、やっとテレビを消して夫がベッドに横になった。
「おやすみ~」
と、次の瞬間には
「クゥゥ~ッッッ」
と寝息が聞こえてくるではないか。
あぁ、しかも思いっきり大の字になってるし。
身長191㎝の大男が大の字、である。
仕方なくベッドの端に丸まって、夫の寝息をうらめしく思いながら
寝付きの悪い自分を嘆くのであった。

そこへやってきた、一泊二日の地方出張の話。
ツインベッドの部屋らしい。
やったぁ!
向こうにはスタートレックはないし、久々にゆっくり伸び伸び寝られるぅ!
、と心の中で密かに飛び上がってしまった。

先にシャワーを終えた私がベッドに入って横になっていると
ミーティングから戻ってきた夫が
そんな私の姿を見てこう言った。

「えぇっ、まさか別々のベッドで寝るつもり?
なんだ、なんだ、冷たいんだなぁ、ふんっ」

あのぉ、これシングルベッドなんですけど?
明日は早朝から一日撮影だし
お互いゆっくり休みたくないですか?
いつも全然ロマンチックじゃないくせに
なぜこのタイミングで
「甘えん坊のボクちゃん」になっちゃうのか?

という心の声を必至で黙らせて、夫のベッドに入ったのであった。
密着度は真空パック並みである・・・ぎゅうぅぅ

もちろん、毎晩一緒に寝られることはこの上なく幸せなことだ。

遠距離期間中、隣りに彼のいないベッドで眠るのは
毎晩とても切なかった。
一人で寝ているのに自然と身体は左端によっていた。
まるでいつでも彼が隣りに潜り込んできてもいいかのように。

ハワイの私のアパートの部屋で初めて同じベッドに
一緒に寝たときのドキドキだって、いまでも覚えている。
「あぁ、彼がいまここで、私のベッドで眠っているんだ」

その気持ちは結婚して2年経ったいまも変わらない。
夫の寝顔を見られる幸せを、毎晩感謝しながら眠りについている。


ただひとつ、あの頃のクイーンサイズのベッドが懐かしいけれどね。



いつも温かい応援、ありがとうございます!

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ






スポンサーサイト
Posted bymarielvincenzi

Comments 2

There are no comments yet.

mariel→solさま  

solさま

別々に寝るという状況、
離れていれば寂しいと感じ、
一緒のときなら「のびのび~」と感じる。
幸せか幸せでないかを決めるのは
起こっている出来事じゃないってことですね。

> 我が家の旦那さんも何故か外に泊まる時は一緒に寝たがります。
不思議ですなぁ、フフフ。


2009/10/30 (Fri) 21:56 | EDIT | mariel→solさまさん">REPLY |   

sol  

男の人は面白いですよね。
我が家の旦那さんも何故か外に泊まる時は一緒に寝たがります。
家では今は子供が間に入ってねているので、別々なんですけどね。
一緒に居られる幸せも分かっていても、のびのび寝たい時もありますよね。

2009/10/30 (Fri) 13:52 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply