スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 夢と予言と怪しいお告げ ~42歳で子供二人説~

夫のマンマの夢の話を聞いたからなのかどうか
先月にはなんと妊娠疑惑が勃発した。

予定日を過ぎても生理がこない。
3日、5日、1週間・・・
思い当たる節(この場合は行為というのか?)がないわけではないため
一応、市販の妊娠検査薬で検査してみましょう。

陽性なら一筋の線が現れるはず、あぁ、なんでこんなにドキドキするのか?
とても複雑な心境になっちゃうのだ。
妊娠していてほしい!と思う気持ちと同時に
大丈夫か?覚悟はできているのか?生活が一変するんだぞ!という
恐れの感情がブワァっと湧き上がってきて落ち着かないのだ。

結果は、陰性。

あぁ・・・なぁんだ。
、とガッカリしたっていうことは、やはり妊娠を望んでいるっていうことらしい。
なので数日後、きちんと検査してもらうため産婦人科へ行った。
もう10日も遅れているわけだし。

が、そこでもやはり検査結果は陰性。
ただ子宮や卵巣はいたって正常だそうなので良かった、良かった。
まだ妊娠していないとは言い切れないので一週間後にもう一度検査してみるように言われた。
こんなときのためにも基礎体温をつけるよう薦められたので
その足で薬局へ行き体温計を購入、
翌朝から早速始めてみる。

セットした時間に体温計のアラームが鳴る。
えぇ~い、まだ眠たいんじゃぁ!
と放っておいても鳴り止まない、検温を始めるまで・・・。
ハイハイ、口にくわえて一分間。ピピピッと鳴れば無事検温終了であります。
で、安心して二度寝タイム。
グラフにいちいち記録しなくっても体温計が覚えていてくれるし
基礎体温のサイトを利用して、日々の体温を入力すれば
即座にグラフで表示もしてくれるので大変便利なのである。

と、楽しく検温を始めたのはいいのだが
実は疑問に思っているけれど、勇気がなくて結局聞けなかったことがある・・・

『先生、これってもしかして閉経、なんてことはありませんか?』

あぁ、恐い、恐い、絶対に聞けない。
そんな現実と向き合う準備まだ出来てないもん。

そのことを夫に話したら

『フッ、冗談でしょ?
 ボクのマンマが閉経したのだってつい5年前なんだよ。
 キミはまだまだそんな歳じゃないじゃない!』

とのこと。
夫がマンマの閉経時期を当たり前のように知っているってことに感心していたら
私の疑問はどこかに吹っ飛んでしまった。

その数日後、やっと生理がきたのであります。
(閉経じゃなくてホッ、妊娠じゃなくてガッカリ)



ところで今回の妊娠疑惑で思い出したことがあるのだが、
ハワイ在住時に、あるチャネラーさんにみてもらったときに
こんなことを言われたのだった。

『42歳までに子供が二人いるわ。
 いまどきは40過ぎてからの出産もめずらしくないし、 
 私も40過ぎてから子供を生んでるから大丈夫よ、安心して!』

はぁ、喜んでいいのかどうか複雑な気持ちです。

そしてその数ヶ月後、ダラス空港で入国拒否され留置所で一晩明かした翌朝、
(この話の詳細はコチラ
留置所から車で空港まで送られ、セキュリティに付き添われて
別室へ向かう途中のエレベーターの中。

『キミ、結婚はしてるの?
 え、まだ?
 大丈夫、大丈夫、結婚して子供も出来るから。
 じゃ!』


全く面識のない、年配の黒人男性から
唐突に言われてかなりビックリしたのを覚えてはいるが
(前科者の私と警備員のおじさんという取り合わせもかなり非日常的ではあったし)
何せそのときは目の前の深刻な事態に対処するのに精一杯なものだから
気にする余裕もなかったのだけれど。


マンマの夢
チャネラーの予言
警備員のおじさんのお告げ(?)

ここにきて何だかすべてがシンクロしているような気がするのである。



とにかく、基礎体温は計っておこうっと!





にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ


スポンサーサイト
23:05 | 国際結婚
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://marielvincenzi.blog60.fc2.com/tb.php/145-dd7431d0
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。