FC2ブログ

スポンサーサイト

marielvincenzi

marielvincenzi

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted bymarielvincenzi

ヌーヴォーじゃないよ、ノヴェッロだよ

marielvincenzi

marielvincenzi

先日、ボジョレー・ヌーヴォーが解禁になりましたね。
我が家は夫がイタリア人なので、少しこだわって
ヌーヴォーではなくノヴェッロを味わうことになった。
私にとっては初ノヴェッロ体験である。
週末、夫と二人で私の実家を訪問することになっていたので
そのときに皆で楽しもう、という計画。

毎年、解禁日にカウントダウンが行われたり
コンビニにも並ぶほど有名なフランスのヌーヴォーより、
ひっそりと一足早く解禁になるイタリアのノヴェッロ。
ノヴェッロを置いている酒屋はきっと数が少ない。
探しまわるのは面倒なので、イタリアンレストランから1本わけてもらった。

novello.jpg

“Feudo Monaci” Primitivo I.G.T.
ブドウ品種:プリミティーヴォ
早く成熟することから“プリミティーヴォ”(最初の)という名がついた、
プーリア州を代表するブドウで造られるノヴェッロ。

ワインの蘊蓄なんかこれっぽっちも持ち合わせていない私だが
夫とつき合い始めてから飲む機会も増え、それなりに楽しんでいる。
なんといっても夫は、食事のテーブルには毎回必ずワインボトルが
置かれているイタリアの出身なので、ワインなしの人生なんて有り得ないわけだ。

ハワイに住んでいた頃は、夫の友人が経営するワインバーが
ワイキキのアパートから徒歩3分のところにあったのでよく通ったものだった。
部屋で食事を済ませてからワインだけ飲みに行く事もあれば
ブルスケッタなどのおつまみと一緒に軽く飲んだり
はたまた夜中の2時にエスプレッソだけ飲みに行ったりと
いろいろなシーンに使えて重宝した。
もう一件、カパフルに”フロマッジォ”というワインバーがあり
こちらはもう少しフォーマルなシチュエーションのときに利用した。
食前にスパークリングワイン、食事に合わせたワイン、
濃厚なデザートと一緒に味わう甘めのデザートワイン、
そして店に流れる音楽は私たちの友人、ザザが弾く生ギター。
ワインと食事と音楽の絶妙なコラボレーションを心から楽しめる場所だった。

日本に住むようになってから、まだ気軽に通えるバーに出会えていないので
以前よりワインを楽しむ機会は減ってしまったが
誰かのお宅で食事をするときなどは決まってワインを持参するようになった。
で、今回は時期もありノヴェッロを選んでみたというわけ。

香りはほのかに甘い。
9月に生産されたばかりのとても若いワインなので
熟成された深い味とは全く違い、フレッシュさが全面に出ている。
フルーティ、という表現がまさにぴったり。
両親も、うまいうまい、と気に入ってくれた様子。
初のノヴェッロはあっという間に空になった。



さて、来年はどこで誰と楽しもうかな?


ワイン好きですか?
応援クリック、どうかよろしくお願いいたします。
↓  ↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ




スポンサーサイト
Posted bymarielvincenzi

Comments - 2

There are no comments yet.

mariel  

solさま

私も夫と出会っていなかったら、こんなにワインを飲む機会など
まず無かっただろうと思います。

数えきれない程の種類や銘柄があるなかで
不味い1本にあたってしまったとは・・・
いつかワイン観を変えてしまうほどの運命の1本に出会えますように。


2008/11/26 (Wed) 21:11 | EDIT | REPLY |   

sol  

No title

ワインは今までに数えるくらいしか飲んだ事がありません。
どれが美味しいのか分らないのと、昔飲んだワインが不味かったのが原因。
それからは白のワインは飲んでないんです。
きっと美味しいワインに出会ったら飲むのかもしれないですね。
選ぶ時は赤かロゼばかりです。

2008/11/26 (Wed) 12:41 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。