FC2ブログ

スポンサーサイト

marielvincenzi

marielvincenzi

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted bymarielvincenzi

旅行の準備、それは一冊の手帳から

marielvincenzi

marielvincenzi

本日「旅行手帳」なるものを購入いたしました。
前から気になっていて、
次回イタリアへ行く時はきっと持って行こう、と思い続けていた一冊。
イタリア帰省まで一ヶ月程となり、フィレンツェ観光も決まり
だんだん気分が旅行モードに盛り上がりをみせる今日この頃であります。




さて、この旅行手帳、空欄に書き込んでいくだけで自分の旅が
オリジナルの紀行書になってしまうらしい。
楽しそうでしょ?
旅の予定を書き込むスペースはもちろん、
一日ごとにその日の食事メニューを記録したり
支出明細を記入したり、乗り物や美術館などのチケットの半券を
貼付けたり、イラストを描きこめるフリースペースがある。
巻末にはおみやげリストの欄もついている。
買ったものを書いてもいいが、私は事前に決めているお土産を
買い忘れがないようにリストアップしておくつもり。

忘れちゃならないマストなおみやげ、それは「トローネ」だ。
イタリアのクリスマスには欠かせないお菓子のひとつなのだが
これが私の母のツボにはまり、あればあるだけ全部独り占めして
食べてしまうくらいお気に入りなのだ。
ヌガーキャンディを想像して頂けるとわかりやすいかしら。
プレーン味、ナッツ入りやチョコレートクリームが混ざったものなど味も様々、
キャラメルのように柔らかいタイプから歯が折れそうなほど固いものまで
食感もお好みで。
細長いブロックタイプが基本だが
切り分ける手間が省ける一口サイズのものまでこの時期イタリアのお店では
様々なトローネが並んでいる。

DAVIDE+090_convert_20081108160858.jpg

もうひとつのマスト買いアイテムは「Karite 100」。
前回の訪問時、ハワイの温暖な気候から真冬のイタリアへ突入した
私のお肌は寒さと乾燥にやられあちこち白く粉がふいてボロボロになってしまった。
助けて~、と駆け込んだオーガニックコスメのお店で薦められたのが
カリテというナチュラル素材から創られたクリーム。
余計なものが入っていないのでテクスチャーは多少ザラついていて
固めなのだが、塗り込むとしっとり馴染んでお肌をしっかり保護してくれる。
自然で生々しいローズマリーの香りが心地良く広がりアロマ効果もある優れもの。

コーヒー好きの友人へのお土産は、やはりイタリアンエスプレッソかしら。
飲み友達には日本未入荷のワインにしようかな。
夫のプロバスケ時代のチームメイトのマルコ氏が、地元でワイン用のぶどう農園を兼ねた
※アグリツーリズモを経営しているのだ。
フランスの某有名ファッションデザイナーもお忍びで訪れるらしい。
前回一泊だけお世話になったのだが、築何百年という古い建物を
宿泊用に改築した施設のエントランスホールにはバーカウンターが設けてあり
ゲストをウェルカムドリンクで迎えてくれる。
その先には大きな暖炉とソファがあり、しばし他のゲストたちと挨拶を交わし
会話を楽しむこともできる。
今回は宿泊は予定していないがワインを買いに訪ねてみるのもいいな。

DAVIDE+204_convert_20081108162147.jpg


手帳のフリースペースには気に入ったお店のカードを貼ろう。
行きつけのバールはもちろん、オーガニックレストランや
毎朝いい香りが漂うパン屋に、人気のピッツェリア、
冬でも繁盛のジェラート屋などなど。
買ったもののレシートも一緒に貼っておくといいかもね。

手帳一冊買っただけなのに、もうすっかり旅行気分。



安上がりな性格である。


※アグリツーリズモ:アグリカルチャー(農業)とツーリズモ(旅行)を組み合わせた造語で、 「農作業を手伝いながら宿泊する」意味があります。宿泊施設を提供する変わりに、 農作業を手伝ってもらうのが本来の目的でしたが、近年の農業の近代化により、むしろ、 広い敷地や家屋を利用してツーリスト用の宿泊施設を作り、自分の土地で取れた農作物を使った食事を 振舞うといったペンション風のところが増えてきました。 「本当に農作業を手伝う」ことは少なくなり「気軽に健康的な田舎風の暮らしが体験ができる」 旅行スタイルとして定着し、人気は急上昇しています。


あぁ、イタリア旅行いいなぁ
是非応援クリックをよろしくお願いいたします。
↓  ↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ



スポンサーサイト
Posted bymarielvincenzi

Comments - 4

There are no comments yet.

mariel  

stella cadenteさま

私もいろんなものをごちゃ混ぜにして、ただ「保存」してあるだけです~。

以前友人が、旅行のときの写真と一緒に、訪れたお店や
泊まったホテルなどのパンフレットやカード、レシートを
アルバムに貼ってまとめてあるのを見て感心しました。
イラストや旅の感想などもところどころにつけ加えられていて
見せてもらうほうも楽しめます。
そんなのが作れたらいいな。まずは手始めに手帳から。

2008/11/11 (Tue) 20:05 | EDIT | REPLY |   

stella cadente  

No title

楽しそう~♪
旅の思い出って、なかなか上手に収納できず・・・
いつもジップロックにビジネスカードとかフリーペーパーとかポストカードを収納し、そこで終了してますwww
アタシも是非購入してみたいです~☆

2008/11/11 (Tue) 02:23 | EDIT | REPLY |   

mariel  

solさま

旅行中の慌ただしさを言い訳につい何も記録せずに終わってしまった
前回の反省をふまえて、自分にプレッシャーをかけるためにも
今回は手帳を買ってみました。
どんな小さなことでもいいから面倒臭がらずに何かしら記録しておけば
後になって読み返した時、そのときの記憶が鮮明に再現できるし
旅の思い出が一冊にまとまって自分へのギフトにもなりますね。

イタリアの楽しさ、素晴らしさを皆様にお伝えできるように
しっかり手帳に記録してこようと思います。

2008/11/09 (Sun) 21:57 | EDIT | REPLY |   

sol  

面白い

旅行手帳、面白いモノがあるんですね♪
書き込むスペースもあるなら「あっ!忘れた」って事がないし
行く予定の場所の事も書けるから思い出にもなりますよね。
イタリアの話を読んでいるだけで、イタリアに行った気分になってます^^;

2008/11/09 (Sun) 15:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。