スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 最高の脚本

 全部“なし”にしてしまいたい



最近ときどきそんな気分になってしまう。



新しいチャレンジや

変化することや

ドキドキするかんじときっぱり別れて、

快適で安全であるはずの

自分の古い領域の中で

じっとじっとなにもせずに留まっていたい、

そんなかんじ。



自分の創った安全地帯にいる限り

予想もしないような出来事や

不安や心配にわずらわされることもなく、

何回もやって慣れていることを

気分しだいで少しアレンジを加えたりして

自分でコントロールしながらやっていくことが出来るでしょ



そう、緩やかに死んでいくかんじかな。



なんの保障もないまま

光を信じて暗闇のなかに飛び込んでいくのか、

それとも激しい感情を体験したり、

ショックを受けたりするよりはまし、

そう言い聞かせて古いやり方を選ぶのか。

どっちを選んだっていい、

自分の人生なんだから



自分のやりたいほうをやればいいだけのこと。

そして今回私は新しいやりかたでいくほうを選びました。



それは私の魂からの要請だったから。



自分の気持ちをはっきりと彼に伝えて

彼からきちんと返事をもらう、というチャレンジ。



怖くて怖くて仕方ない、

だって何のリハーサルもなく

事前の打ち合わせも台本もない状態で

“本番”に臨まなくちゃいけないなんて大変だと思わない?



でも今自分のいるところからは見えていないだけで、

きっとたくさんのバリエーションがあるんだよね、

些細にみえる出来事のひとつひとつが絶妙につながっていて

一瞬一瞬の選択がこの脚本に影響を与えているっていうわけ。



最悪の脚本?

彼にノーといわれ、

私は私をパートナーとして必要としてくれる

新しい人を探すためにちょっと進路を変えて進んでみる、

これが最悪の場合。



じゃあ最高の脚本は?



それは今晩眠る前にゆっくりと考えてみることにします、

素敵な夢が見られるかもしれないから。



にほんブログ村 恋愛ブログへ




スポンサーサイト
14:01 | イタリア人に恋して
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://marielvincenzi.blog60.fc2.com/tb.php/123-3c971398
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。