スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 プレ

「細胞がブワァ~って

振動しているかんじがしましたぁ。」






ある日のロミロミセッションが終わった後に

クライアントさんからいただいた

フィードバックのひとこと。



あぁ、ちゃ~んとコトは行われていたのね

良かったぁ、ありがとうございます。



コトとは何か?



それは「プレ」、祈りです。



ロミロミセッションはプレで始まりプレで終わる。

大地と天のエネルギーとつながり、

自分の手を癒しの道具として使ってください、と祈る。



「身体中の細胞のひとつひとつにまで

愛と光が注がれますように。」




一人の人間の身体を創っている

60兆個の細胞たち、

そのひとつひとつが愛と光で満たされたら

なんて素晴らしいんでしょう。



私はエネルギーが”見える”人種ではないが

その様子を想像すると、

身体が内側から溢れ出す光で

キラキラ輝いている姿が目に浮かび、

いいかんじがしてくる。

そして私も一緒に気持ちよくなれちゃう。

とってもお得。



マッサージの手技そのものは

私が行っているわけですが

実際のセッションは言ってみれば

「おまかせ」状態になる。



何が起こるかわからない、

なんて言っちゃうと無責任なかんじがするが



「クライアントさんにとっていま

一番必要なこと」が行われる、




ということなのです。



だからひとつひとつのセッションの結果は

それぞれ違ってくる。



以前は、お金をいただいてマッサージをするからには

何かしらの効果を示さなくては、

クライアントさんが納得するようなもっともらしいことの

ひとつも言わなければセラピストらしくない、

自分の能力を証明しなくては、と

緊張して力みながらマッサージしていた。



でもクライアントさんたちからたくさんの

貴重なフィードバックをいただくうちに

クライアントさんの感じる力、

受け取る力、

自分を癒す力を信頼し

私自身は「道具」に徹すればいいのだ、

と理解出来るようになってきた。



マッサージはクライアントさんとセラピスト、

そしてその場をサポートしてくれる存在たちとの

共同作業



それぞれが自分の役割に徹していて、

自分も全体の一部を担っているのだから

私がすべてを把握して

コントロールしなければならない、

な~んて思う必要はないんだぁ。



だんだんと肩の力が抜けて楽になってきた。



ふぅ~・・・



息をして。

からだの緊張を感じてまた息をして・・・



いま、

あなたは

何に気がついていますか?

スポンサーサイト
23:41 | 
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://marielvincenzi.blog60.fc2.com/tb.php/102-0b1dde3a
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。