FC2ブログ

毛の儀式

ふたりだけの秘密を共有するそれってふたりの間の親密度が急上昇する瞬間ですね。わたしと彼の間にもそんな秘密があります、うふふ。けど二人だけの秘密だから言えない。ああ、言いたい、でも言えない。それにちょっとえぐいネタだし。でもあのときに得た「こんなこと他のひととだったら絶対に出来ないだろう。」という感覚は、確かにわたしたちのつながりを強めてくれたと思う。これはその秘密とは関係ないけれどほかのひととは出...

裏に秘められた想い

私が彼の公式のガールフレンドとして認定されたのはつきあい始めてからかなり経ってからのことだ。人に私の事を紹介する場面で頑ななまでに「ともだち」と言い張っていたのがいつのまにか「ガールフレンド」に変わっただけのことではあるが。自分の口から出るひとつひとつの言葉の選択に厳しい基準を設けている彼であるだけにこの違いは大きな進歩だ。確かにおしゃべりではあるが言葉の安売りはしないイタリア人、と妙に感心したの...

言葉の壁

二年前にハワイで出会った日本語のわからないイタリア人の彼とイタリア語がわからない日本人のわたし。やはり二人の間の会話はフランス語で行われ・・・ナイナイ、エクスキューゼモア、英語で行われることになるのであります。...

またまた毛の話

「アモーレ!ちょっとこっちにきてごらんよ。いいもの見せてあげるから!」洗面所にいる彼からお呼びがかかるとは光栄でございます。おぉっと、まだお召し物を何も身につけていらっしゃらなかったのですね。それにしてもいつ拝見しても美しいお尻・・・...

ホノルルコーヒーカンパニー

モーニングコーヒーにはこだわりがある。コーヒーの味ももちろんだけど、コーヒーのお供、ペストリー類のセレクションも重要。それにお店の雰囲気やスタッフの接客の良さ、テーブルから見える景色などなど・・・。そんなすべてのポイントを軽々クリアーして私達のモーニングコーヒーの定番スポットになっていたのが「ホノルルコーヒーカンパニー」であった。以前私達が一緒に暮らしていたのはワイキキのど真ん中にあるコンドミニア...

悪魔との対峙

ガソリンスタンドで一体何があったんだろう?銃撃事件で死傷者多数?ガソリンに引火して大規模な爆発発生?強盗事件の人質になってるとか?いやいやそれとも帰り道で交通事故か?あぁぁぁぁ~っっっ彼は無事なのでしょうか、神様?もし彼に何かあっても私はアメリカに入国出来ないんだよぉぉぉ~ぅ。どうしようさっきの1分足らずの電話が私達の最後の会話になってしまったら?すごく優しい声だった。一生忘れない、クスン・・・・...

日常の風景

たとえばバスケットの半分を占めている彼の洗濯物玄関先に仲良く並んでいる彼と私の靴テーブルの上に置かれたふたつのコーヒーカップ普段自分は見ない番組が映し出されているテレビメイルボックスの中の彼宛の郵便物そんな日常の中のありふれたひとつひとつの情景がキラキラと輝いて心のなかに染み込んでゆき私はいま確かに彼と一緒に暮らしているんだなぁとかんじさせてくれていた。たとえ洗濯物の中にくっさい靴下が混ざっていて...

I miss you...

涙がとまらない・・・。彼が初めて口にした 「I miss you.」。それを聞いた瞬間、涙が溢れてきた。彼の想いが痛いほどに伝わってきて切なかった。その直後に彼のパソコンがバッテリー切れで通話が途切れてしまったけどそれで良かった、だってもう何も言葉に出来そうになかったから。私達は愛の言葉を交わしたことがない。なんで?彼はイタリア人なんでしょ?甘い愛の言葉なんて当たり前なんじゃないの?そんなことない、全然ない...