FC2ブログ

イタリア、涙の夜

明日はとうとう日本へ帰国、となったイタリアで過ごす最後の夜、リビングでテレビを観ながらくつろいでいるバッボとマンマに夫と二人で挨拶をしにいった。心ばかりのギフトとカードを渡す。マンマはお部屋を心地よい香りで包むためによくアロマキャンドルを焚いていた。だからマンマが好きそうな香りのキャンドルを贈ることにした、キャンドルに灯をともすたびに私たちのことを、皆で過ごした日々を思い出してもらえるように。カー...

あぁ、やっぱりイタリアだなぁ。

3週間のイタリア滞在でたっぷり増えたものといえば体重・・・じゃあナイナイ、ナイ・・・帰りの荷物、荷物である。行きは二人分のスーツケース合わせて37キロ。そして帰り、その重量はなんと60キロであった!エコノミークラスでチェックインできる荷物は一人20キロまで。ということは私たち20キロもオーバー?!あぁ、体重じゃなくて本当に良かった。、などと胸をなで下ろしている場合ではないのだ。イタリアだ、アリタリ...

マンジャ、マンジャ vs バスタ、バスタ

もしもあなたがフツーの胃袋の持ち主で、イタリアの家庭で食事をする機会があるのなら、覚えておくと役に立つこと間違いなしの単語がある。それは「basta」(バスタ=もう十分)。バスタという単語が発せられるまで、「mangia, mangia!」(マンジャ、マンジャ=さ、食べて食べて)と次々に料理が差し出され、お皿が空になったのを見てはおかわりをすすめられる。その マンジャマンジャ の勢いに押されて食べてしまっては残念な...

指輪にこめられた想い

ただいま夫の実家に帰省中。イタリア滞在中の私たちの行きつけのバールは家から歩いて5分程のところにあるbar sportだ。 朝、散歩がてらまずビーチを歩いてからお店へと向かう。初めて夫の実家を訪問したときも、毎日のようにコーヒーとペストリーの朝食を食べにここへ通ったものだった。3年振りに同じバールの席に座り2杯目のコーヒーを飲みながら店内を眺めてみる。オーナーのミケーラとその娘たちがカウンターの後ろで客...

愛しのマンマ

イタリアにいる彼のマンマはいつもとても楽しそうに家事をしている。朝起きるとまずキッチンへ行き朝食用のエスプレッソを沸かす。エスプレッソは朝食時、昼食後、夕食後、そして来客があればその都度沸かすので一日に3~5杯は飲むことになるのだが朝の一杯だけは温めたミルクを丁寧に泡立ててエスプレッソの上にゆっくり注ぎ、カプチーノにして飲む。それにビスコッティをシミシミさせながらいただく。う~ん、素敵な朝のセレモ...