FC2ブログ

耳に残るは

いまでもはっきりと耳に残っている。彼からかかってきたときに鳴るケータイのコール音。まだ、やっと顔と名前を覚えてもらえたかなぁという、友達にすら発展していなかった頃、なんとか彼と会う機会をつくりたかった私は通い始めたばかりの「ホノルル光の教会」で行われる「ピースメディテーション(平和の祈り)」に一緒に参加しないかと誘ってみた。すると彼は「クールだねぇ!」といって快諾してくれ、私達はその場でケータイ番号...

禁断の味、ヌテラ

これは「ヌテラ」。へーゼルナッツ風味がなんともいえず美味しいチョコレートスプレッド。イタリアのバールでは、このヌテラが真ん中にタ~ップリ挟まったクロワッサンが売られていたり、ジェラート屋でもヌテラ味のジェラートがあったりする。スーパーに行けば様々なサイズのヌテラが棚に並んでいる。超特大サイズを見つけたときには、おもちゃが欲しくてダダこねてその場を絶対離れない!と踏ん張っている子供のように動けなくな...

一番は誰?

ある日彼が真面目な面持ちでこう尋ねた。「キミがいままでつきあった男性の中で 誰とのセックスが一番気持ち良かった?」おお、なんとストレートな質問。ていうか、勇気あるなぁ、そんなこと訊くなんて。もし私の口から自分以外の名前が飛び出したらさあ、どうする?でも、実地で聞き取り調査を行う以外、自分のナニや自分のアレが実際どんなものなのかを客観的に知る術がないもんなぁ。ここはお互いのセックス満足度向上のために...

自由でいること

彼の人生を貫いている普遍的なテーマは「自由でいること」。「自分の人生をどれだけ自由に生きられるか、そして自由に生きるとはどういうことなのかを周りのひとたちに伝えていきたい。」それが彼の魂のミッションなのだ。自由でいることが人間の本来の在り方だからそれを選んでいる、というだけのことだよ、そんなかんじ。自然に。自由でいるのはキツイな、と思う。この人生すべての責任は自分にあると認めなければいけないから。...

ソレが問題

「昨日の記事であなたのお母さんについて書いたんだ。」彼から電話があったので私は報告した。「へぇ、なんて書いたの?」「マンマはいつも楽しそうに家事をしていて小さなことにも愛を注ぎ、家族と家を大切にケアしている。とても豊かな人生だと思う、って。」「確かにね。でも彼女は自分の可能性を家の中だけに閉じ込めてそれで満足してしまったんだ。もっといろんなことができたはずなのに外側に向かってその可能性を広げていく...